相続で弁護士をお探しなら弁護士法人心

相続放棄の条件

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2023年6月29日

1 相続放棄には条件がある!

相続放棄は、いつでも、どんなときでもできるというものではありません。

つまり、一定の条件を満たした場合でなければ、相続放棄はできないのです。

相続放棄の条件を知らないうちに、「やってはいけないこと」をやってしまい、相続放棄ができなくなるといった事態もあり得ます。

そこで、ここでは相続放棄の条件についてご説明します。

2 相続が発生した後であること

ご家族に借金がある場合、「生前のうちから、相続放棄しておきたい」と考える方は少なくありません。

もし、ご家族が亡くなった後に、借金の請求が来ることを考えると、できるだけ早く心配事は解消しておきたいところです。

しかし、相続放棄は、相続が発生した後でないとできないことになっています。

仮に、家族間で「相続放棄をします」といった書面を作成し、署名・押印したとしても、それに法的効力はありません。

3 3か月の期限を守ること

相続放棄には、3か月という期限があります。

どの時点から3か月なのかというと、「相続の開始を知った時から3か月」です。

ここでいう「相続の開始」とは、亡くなったことと、自分が相続人になったことを指します。

たとえば、Aさんが亡くなったことを、Aさんの長男Bさんが知った時は、その時点で「相続の開始」を知ったことになります。

他方、Aさんの兄であるCさんは、自分より上の順位の相続人が相続放棄をするまでは、相続人にはなりません。

そのため、Cさんは、Aさんが亡くなったことに加えて、自分より上の順位の相続人が全員相続放棄をしたことを知った時が、「相続の開始」を知った時になります。

4 遺産を処分しないこと

相続放棄をすれば、遺産に関する権利を失います。

そのため、たとえば遺産であるお金を使ったり、自動車を売ったりした場合は、遺産を相続したとみなされ、相続放棄が難しくなります。

よくある勘違いとして、「亡くなった方の入院費や、借金などを、遺産から支払うのは問題ない」という考え方があります。

これらの行為をしてしまった場合、結果的に遺産のお金を使っていると言えるので、相続放棄が困難になる可能性があります。

  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ