相続で弁護士をお探しなら弁護士法人心

相続に関する情報サイト

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2023年10月23日

1 相続に関する情報をどうやって手に入れるか

相続が発生したとき、まずは相続について調べる方が多いかと思います。

そもそも何をしなければいけないか、期限はいつまでか、どんなものを用意する必要があるか、注意点は何かなど、多くのことを調べる必要があります。

相続については、様々な書籍が出版されていますし、インターネット上でも多数の情報を得ることが可能です。

また、セミナーや相談会なども行われています。

この中では、インターネットがもっとも手軽で、身近な方法かと思いますが、インターネットの検索と一言でいっても、様々なサイトがあります。

例えば、当法人のように、法律事務所が相続に関する情報発信を行っている場合もありますし、「相続会議」のように、各専門家が相続に関する記事を執筆している相続の情報サイトもあります。

参考リンク:相続会議

2 どのような人が発信している情報かが重要

相続の情報を調べる際には、その情報をどのような人が発信しているかということに注意が必要です。

相続の手続きは幅広く、様々な業界が関わっています。

そのため、相続の情報に関しても、弁護士、税理士、司法書士、行政書士、銀行、保険代理店、不動産会社といった、様々な専門家や会社が情報を発信しています。

これらの専門家や会社は、それぞれ相続の中で深く関わっている部分が異なりますので、情報発信においても得意分野が異なります。

例えば、相続の法的な部分については弁護士が、不動産のことについては不動産会社が、基本的には詳しいと考えられます。

また、相続はかなり専門性が高い分野ですので、弁護士同士といった同じ専門家の中でも、知識や経験において差が生まれます。

相続の情報を調べる際には、相続の取扱い件数など、相続の経験が豊富な人が、その人の得意分野について発信している情報かどうかということに注意する必要があります。

3 実際に対応する場合には専門家に相談

相続について情報を得ることができたら、実際に対応をしていくことになります。

ここで注意する点として、書籍やインターネット、セミナー等で発信されている情報は、あくまで一般的な情報だということです。

相続は、相続人の具体的な状況によって、適切な対応方法が異なる分野です。

一般的には良いとされていたことでも、事情によってはもっと良い対応方法があることも珍しくありませんし、かえって損をしてしまったり、不適切な対応とされてしまったりすることもありえます。

そのため、情報はあくまで方向性を考える上での参考にしていただき、実際の対応については専門家にご相談されることをおすすめいたします。

当法人であれば、相続を得意とする専門家がご相談を承っておりますので、ご安心していただけるかと思います。

  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ